2010年5月 2日 (日)

北空港

『北空港』(きたくうこう)は、1987年11月5日に発売された浜圭介と桂銀淑のデュエット曲である。発売元は東芝EMI。

解説
作曲家・浜圭介と桂銀淑の師弟コンビによる初のデュエット曲。
デュエット・ソングの定番となり、発売から20年以上経った2010年現在でも、カラオケ・ランキングで常に上位をキープしている。
札幌の夜を舞台に、北の空港から旅立つ男女の恋を歌っており、2004年7月24日には新千歳空港ターミナルビル2階のセンタープラザに歌碑が建てられた(高さ2メートル、幅93センチのステレンス製)。同曲の歌詞が刻まれ、ボタンを押すとメロディーが流れる仕組みになっている。

収録曲
北空港
作詞: やしろよう、作曲: 浜圭介、編曲: 桜庭伸幸
別れのグラス
作詞: やしろよう、作曲: 浜圭介、編曲: 桜庭伸幸

演歌のメニュー(1)
演歌のメニュー(2)
演歌のメニュー(3)
演歌のメニュー(4)
演歌のメニュー(5)
演歌のメニュー(6)
演歌のメニュー(7)
演歌のメニュー(8)
演歌のメニュー(9)
演歌のメニュー(10)

大阪暮色

『大阪暮色』(おおさかぼしょく)は、1985年7月20日に発売された桂銀淑の日本におけるデビュー・シングルである。発売元は東芝EMI。

解説
韓国でモデル、歌手として活躍した後、来日した桂が作曲家の浜圭介の元でレッスンを積み、この曲で日本デビューを果たした。
大阪弁で歌うこの曲は、大阪での有線から火がつき全国ヒットに繋がり、桂のデビュー曲にして代表曲の1曲に数えられる曲になった。

収録曲
大阪暮色
作詞: 浜圭介、作曲: 浜圭介、編曲: 高田弘
夢やつれ
作詞: 里村龍一、作曲: 浜圭介、編曲: 高田弘

演歌のメニュー(1)
演歌のメニュー(2)
演歌のメニュー(3)
演歌のメニュー(4)
演歌のメニュー(5)
演歌のメニュー(6)
演歌のメニュー(7)
演歌のメニュー(8)
演歌のメニュー(9)
演歌のメニュー(10)

別れの一本杉

『別れの一本杉』(わかれのいっぽんすぎ)は、1955年12月にリリースされた春日八郎のシングルである。春日八郎の代表曲のひとつである。

解説
作詞は高野公男、作曲は船村徹による。二人は大学在学中に知り合い、コンビを組んで活動していた。当時二人は新人でこれといったヒットに恵まれず苦しい時代を過ごししていた。そのような中でいくつかの曲をキングレコードの春日八郎のもとに売り込みにいき、その中で目に留められた曲がこの『別れの一本杉』であった。
この曲は当時50万枚のセールスを記録し、当時としては爆発的な人気となった。これにより、春日八郎の演歌歌手としての地位を確固たるものになり、また船村徹と高野公男の活動も本格化したが、この曲がヒットした矢先・作詞家の高野公男は結核に罹り、『別れの一本杉』が発表された翌1956年に26歳にて死去した。この高野の若すぎる死を悼み、彼の生涯とこの曲の情景をモチーフに同名のタイトルで翌1956年に松竹から映画化された。主演(高野公男役)は川喜多雄二が務めた。また春日八郎も劇中に歌手として出演している。
春日八郎はこの曲で1956年の第7回NHK紅白歌合戦、1969年の第20回NHK紅白歌合戦の紅白歌合戦に出場した。
2006年11月22日にキングレコードから、春日八郎、美空ひばり、三橋美智也、村田英雄、北島三郎、五木ひろし、大川栄策、藤圭子などの歌手が歌った『別れの一本杉』を収録したアルバム「別れの一本杉は枯れず」が発売された(これらの『別れの一本杉』のうち、シングルレコードとして発売されたのは春日が歌唱したもののみである)。

収録曲
別れの一本杉
作詞:高野公男/作曲:船村徹

演歌のメニュー(1)
演歌のメニュー(2)
演歌のメニュー(3)
演歌のメニュー(4)
演歌のメニュー(5)
演歌のメニュー(6)
演歌のメニュー(7)
演歌のメニュー(8)
演歌のメニュー(9)
演歌のメニュー(10)

«逢わずに愛して